角幡唯介『極夜行』

東京ポッド許可局

TBSラジオの東京ポット許可局10月12日放送:「役に立たない論」)でプチ鹿島さんが、角幡唯介さんの冒険紀行『極夜行』を絶賛していました。

角幡さんは、1976年生まれ、北海道出身の冒険家でノンフィクション作家。

若い新聞記者に「探検は社会の役に立っていないですよね?」と取材されて、本気の探検家である角幡さんは困惑されたそうです。

そのTweetを読んだプチ鹿島さんは、世の中の「役に立つ・立たない論」について例を挙げながら、マキタスポーツさんと大喜利話芸を始めて、僕はラジオの前で大笑いしました。

文化教養が高いはずの新聞記者が、探検を「役に立つ・立たない」の二元論で仕分けすることのバカバカしさに気づいていない事に少し腹が立ちました。

プチ鹿島さんは、善と悪を仕分けしたがる二元論信仰者が周りにいれば、角幡唯介さんの著書『極夜行(文藝春秋、2018年)』を読んだ方が良いと言っておられたので、僕は先週から読み始めました。

とにかく、面白い!! 絶体絶命の描写に引き込まれる。読み始めると止まらない。

知的興味の「面白い(interesting)」だけではなくて。

クスッと笑えて心が和むユーモア・センスがたっぷりの面白い(entertaining)が詰まっている。


川口浩探検隊と夜の支配者『怪鳥:ギャロン』

角幡さんのユーモアのセンスは、どこかで感じたことがある。

そうだ、『川口浩探検隊』だ!! 嘉門達夫イズムだ!!
角幡さんの著書に「雪男は向こうからやって来た」があり、実際に彼は2008年にヒマラヤの雪男捜索隊に参加している。

彼こそが平成・令和の川口浩ではないか。

角幡さんは、僕と同世代ですので80年代の川口浩イズムを少年期に体験しているはずだ、多分。昭和50年代の小学生男子は、月に一度の水曜スペシャル「川口浩探検隊」のテレビ放送に齧り付いていました。

放送翌日の放課後の校庭では、僕は買ったばかりのトランシーバーを持ち込んで、友達と二人でアマゾンの奥深くに生息する幻の「原始怪鳥:ギャロン」に挑む川口隊長のモノマネをしていました。


“南米ベネズエラのギアナ高地。その地下に数十キロの洞窟が横たわる。
その暗闇から原始怪鳥『ギャロン』が飛び立ち、村人を襲う!!
漆黒の空を悪魔のような叫び声で旋回する。

ギャロンは夜の支配者だ!!

人々は、その怪鳥の鳴き叫びに恐れるが、誰もその姿を見たことが無い。
果たして、川口隊長はギャロンを捕獲することができるのか!?

乞うご期待!!“


水曜スペシャル 川口浩探検隊「原始怪鳥ギャロン』 夜の支配者
ツノムラ
ツノムラ

少年の僕らは、ブラウン管の前で探検隊の行く末を見守り、TVコマーシャルの間のトイレ休憩をも忘れ、派手なナレーションに煽られ、固唾を呑んだ。

今でも、あの番組は「やらせ」、「仕込み」は無かったと信じている。

ツノムラ
ツノムラ

夜の支配者「ギャロン」の存在を通して、人類史にとっては、暗闇は恐怖であり、太陽は希望であることを子供ながらに実感した

『極夜行』の世界

さて、話を『極夜行』に戻します(東野圭吾の“白夜行”と間違いそうになる)。

 冬至を過ぎると太陽の光が当たる限界緯度66度を超える北極圏では、一日中太陽が沈んだ状態が3ヶ月以上続く。数ヶ月間におよぶ真っ暗な闇の世界が『極夜』です。

 角幡さんは、4ヶ月間も太陽が昇らない極夜の世界で北極圏グリーンランドを北へ縦断する。
 グリーンランド南部のイヌイットの居住地「シオラパルク」を出発し、相棒の労働犬「ウヤミリック」と犬ぞりの単独縦断に挑む。
 標高1000mのメーハン氷壁、ブリザードが吹き荒れる大陸氷床、そしてツンドラ中央高地、氷点下30度の過酷すぎる極寒の冒険。
 それも、GPSを使わずに、天体の星を頼りに、自身の座標位置を天測し、目的地に進む。

 日が昇らない漆黒の夜の世界を、月光と僅かなヘッドライトの光量を頼りに、足底の感覚を頼りに微かな地形の変化を読み取りながら、一歩一歩、犬ゾリを曳く。
 読み進めながら、僕自身も足に力が入り、不安と寒さで体がこわばる。

 暗闇が周囲の空間認識を遮る。
 身の回りの現実から離脱し、内在する感覚だけが研ぎ澄まされるトランス状態に似た幽体離脱。
 極夜により現在地の特定が困難で、明日以降の先行きにも不安がよぎる。闇は空間のみならず、時間感覚すらも遮る。光はその裏返し、未来への希望。

 本の帯に書かれた、たった一行のメッセージに心を撃ち抜かれました。

“極夜の世界に行けば、真の闇を経験し、本物の太陽を見られるのではないか”

是非に書店で手にとって、書き始めの部分だけでも、立ち読みでも良いですので(本屋さんご容赦ください)、多くの皆さんに読んでほしいです。

『角幡唯介』さんの冒険

GPSを装備しない角幡さんの『極夜行』は、現代のアドベンチャー・プロジェクトの価値観をひっくり返す試みだと思います。

探検家が前人未到の地に挑むことを声高に言われも、「どうせGPSで位置情報を確認しながら、衛星通信で食料・資材を支援者にオーダーして、上空から補給線を確保できるんでしょう? 何だかな?」と意地悪な目線で僕は見ていました(上から目線ですいません)。

しかし、角幡さんは、大航海時代さながらに、六分儀で天体と地平線の角度を測りりながら、緯度と経度の位置線を計算する

高度な天体観測技術と素早い測量技術(モタモタと測量計算をしていたら、マイナス40度の極寒地で凍死します)を習得し、グリーンランド・犬ゾリ単独縦断に3年以上の準備期間を費やした。

実は、僕も大学で測量学の単位を取っていて、一応は測量士補の資格があるので、六分儀での位置情報の計算がどれほど困難かは想像できます。

物理的な空間上の前人未到ではなく、技術的な制約を課しての前人未到。

それも、600年前の大航海時代さながらの測量技術で真っ暗闇の氷の荒野を突き進む。
 200年前のイヌイットが外部の文明を背負った来訪者に問うた言葉

「お前は太陽から来たのか。月から来たのか。」

 この言葉の意味を探すことが、角幡さんのこの探検のきっかけになったそうです。単独で極夜を旅して、四ヶ月ぶりに見た太陽はいかなるものか。

読後に、自分では絶対に立ち入ることができない極限世界に少し触れられた気がして、日々の暮らしに光が射しました。
探検行為は、「役に立つ」の一択だと思います。

ロアルド・ダールの「単独飛行」、コリンフレッチャーの「遊歩大全」、野田知佑さんの「カヌーの世界紀行シリーズ」、椎名誠さんの「あやしい探検隊シリーズ」。自宅本棚に積まれた文庫本を、もう一度、正月休みに読み返します。

本書は、僕にとって大切な一冊です。

追伸 野外活動部のH先生

僕は、小学校の放課後活動は野外活動部に所属し、大阪で一番汚いでヘドロだらけの神崎川を素足で渡り、野良犬がたむろする河原の野草を天ぷらにして食べたり、痛い冒険オタクの子供でした。

僕たちを指導してくれた顧問のH先生も、元バックパッカーで世界中の山と渓谷を旅した冒険家です。
 アマゾンでピラルークを釣り上げたり、ビルマの洞窟でコウモリの串焼きを食べたり、そんなキテレツな冒険写真を見せられて、とても心がときめいた事を思い出しました。

 当時はコンプライアンスとか教育現場がやかましくなくて、その影響で自然遊びが好きになって、今でも山歩きに講じています。
この間のも、雲海のご来光を見るために北陸の山を登りました。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です